神奈川の不動産会社について調べること

神奈川の不動産売却で不動産会社について調べることはいくつかあります。当たり前ですが良い不動産会社に売却を依頼する方が安心ですし、信頼できる担当者に色々な有益なアドバイスをもらうこともできます。どのような部分で不動産会社を見分けるかと言いますと、分かりやすい方法としては、宅地建物取引業の免許番号で創業が古い会社かを見分けることできます。古い番号が何故良い条件かと言いますと、やはり歴史の古い会社であれば実績や経験も豊富で、地域に定着している分最新の情報を持っています。そういったメリットがあるので安心して売却を任せることができます。それから良い会社を見分けるにはホームページ等での顧客からの声を読んでみるのもオススメです。また、実際に不動産会社を訪問し会社の雰囲気を肌で感じ、直接話してみるのも良い方法です。

価格査定の依頼を行う方法

業者を選んだ後は査定の依頼を行いましょう!価格査定の依頼方法ですが、まず簡単な方法としてはインターネットで査定のサイトなどを利用する方法です。これは簡易査定になりますので、やはり実際の不動産を見てから正式に査定する流れになります。不動産会社は複数に依頼してみるのが良い方法です。査定については不動産会社の担当者よりリフォームをした方が良いとか、売り出しの時期についてなど提案してくれますのでじっくり相談するのもおすすめです。正式な査定では、査定書という書類で不動産会社から提示されるのが一般的です。査定書には近隣の相場や成約事例などが記載されていますので、是非参考にして下さい。

不動産会社に売却を依頼する場合や媒介契約

そんな依頼にも種類があることを理解しておきましょう。まず不動産会社に売却を依頼する場合には一般媒介と専任媒介、専属専任媒介など違いがあります。複数の不動産会社に依頼する場合には一般媒介の契約を結んで募集活動を始めるようになります。専任媒介や専属専任媒介では1社だけと契約をする方法です。一般媒介の契約のメリットは複数の不動産会社で同時に売却の募集をするので早期成約に結び付きやすいということです。各社の条件を統一していくことが大切になります。専任媒介では不動産会社の担当者も自分の会社だけの募集ですので責任感を持って仕事をしてくれますし、連絡する会社も1社だけなので意思の疎通もうまく行き、売主の方も安心していられるというメリットがあります。

媒介契約を結ぶ上での確認事項について

上記の契約形態の中から媒介契約を選んだ場合、契約を結ぶに当たっては物件の設備の不具合などの瑕疵についてもしっかりと確認することが大切です。買主が瑕疵を知らずに購入してしまい、後から問題が出てくることは防ぎたいものです。不動産会社は物件についての重要事項をきちんと説明する義務があるのです。また、募集活動の報告についても定期的な連絡を受ける頻度などについても決めておくと良いです。また、物件価格についてですがもし交渉が入った場合にどこまで下げても良いのかを売主と不動産会社で相談しておくのも良いです。物件の売却はスピード勝負の場合もありますので、買主がこの位の価格だったら即購入したいという意思を表してから長い間返事を待ってもらう状態ですといい話がまとまらないケースもありますので、事前に打ち合わせをしておけばタイミング良く話がまとまります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)