神奈川の不動産売却で発生する費用

神奈川の不動産売却をする場合には費用がかかります。まず、成功報酬として仲介手数料を仲介をしてくれた不動産会社に支払いをする必要があります。仲介手数料は不動産の売買価格の3%と消費税になります。契約時と引き渡し時に半金ずつ支払うのが一般的になります。次に売買契約書に貼る印紙代が必要です。また、抵当権を抹消登記する際の費用として書類に貼る印紙と司法書士に依頼する場合の費用があります。また、住宅ローンの残債がある場合ローンを完済する必要があるのでその費用、そして繰り上げ返済の手数料などもあります。また、譲渡益課税も必要になる場合がありますので、購入した価格より売却した価格が高く差がある場合には注意が必要です。

売却物件に関わる確認事項として境界線や物件の瑕疵

不動産売却を行う流れで抑えておきたいポイントは先程説明させて頂いたのですが、売買物件に関わる確認事項もいくつかありますので確認が必要です。まず土地の売買の場合、土地の境界線を明確にする必要があります。登記簿にも記録されていますが、現地でも明確にする必要もあります。その際現地では境界標などの目印を確認したり状況によっては測量をします。その際、土地の境界線の所有者と協議をして境界確認書を交わしたりします。また、物件の瑕疵についても確認が必要になってきます。設備の不具合、雨漏り、建物の傾きなどがある場合その瑕疵内容をはっきりと示して不動産の売却をしなければいけません。また、修繕をしたら直るものについては修繕をして引き渡すという方法と、その費用を物件価格から差し引くという形を取ることもできます。

売却物件の売り出し価格を決める方法

さて、実際に売却を行う際、初めに売却価格を決めなければいけません。売却物件の売り出し価格を決める方法には、物件相場に沿って決めるのが一般的です。売り出し価格はその年の土地の価格などや近隣相場によって決められます。マンションであれば直近で売却されたマンション価格を調べ参考にして決められます。また、古い物件であっても高額な費用を支払って新築同様にリフォームしている物件は同じ物件でも何も手入れをしていないものより高く価格を設定することもできますし、逆に何も手をいれていない物件ではリフォームをしないで売る代わりに物件価格を安くするということもできます。仲介をしてくれる不動産会社の担当者と良く相談しながら物件価格を決めることができます。

販売活動の詳細について

最後に、不動産会社は物件の売却の依頼を正式に受けましたら販売活動に入ります。まず物件図面を作成します。図面は見やすくインパクトのあるものが良いので各社工夫をこらして作成します。また、次に物件をインターネットに登録します。売買物件のサイトも様々多数あるので、各サイトに掲載の手続きをします。また、不動産は意外と近隣の人が購入することが多いので、物件のチラシを作成しポスティングをしたり新聞の折り込みチラシを手配します。物件見学の希望者からの問い合わせより見学する日を調整し不動産の見学に同行し営業活動をします。販売活動の詳細については、定期的に売主へ報告書などで内容を報告されるので安心して待ちましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*