売買契約の基礎知識の手付金について

神奈川の不動産売却で物件の購入者が決まったら契約になります。契約時には手付金というものを買主が支払うことになっています。手付金とはどのようなものでしょうか。まず手付金の額ですが、一般的に売買価格の10%程度になっています。購入の申し込みを買主がした際に、支払う申し込み証拠金は通常キャンセルした場合には戻ってくる預り金のようなものですが、手付金は買主の都合で物件の契約をしてからとりやめる場合には戻ってこないお金になります。契約をとりやめる訳ですから相手に対する迷惑料という意味合いになります。また、売主の都合で物件の引き渡しができない場合には手付金の倍返しという形を取ることになりますので、十分注意しましょう。

売買契約書の重要な事項のポイント解説について

契約の大まかな流れはわかりましたが、最も注意しなければいけないのが売買契約時です。売買契約において重要な事項とはどのようなものがあるでしょうか。契約書には両者で合意した取引について明記されたもので、全て重要とも言えますが、万が一紛争が生じた場合において契約書をもとに解決をはかるものですので、契約書の内容については充分理解し契約する必要があります。最も重要な事項の一つとしては住宅ローン特約というものが挙げられます。契約時までに買主は住宅ローンの仮審査を受け、物件購入が可能であるということで売買の契約を行います。しかし、その後物件の引き渡し時に買主の責任には寄らず住宅ローンの本審査が通らなかった場合など、売買契約を解除できるという特約になります。これは買主保護の為になされる特約ですので手付金も戻るという住宅ローン特約が一般的です。

引き渡しの流れと引き渡しに関する注意点について

契約が完了した後に発生する事項に引き渡しがあります。なお、購入した物件の引き渡しの流れとその注意点ですが、新築物件では入居の前に内覧会があり物件内の最終チェックを買主が行うことになっています。室内の汚れや傷はもちろんのこと設備の不具合などについてもチェックしますので事前にチェック項目を確認ししっかり指摘事項をまとめ、引き渡し時までにチェック事項が改善されているかどうかも再度確認する必要があります。中古マンションでは、売主が住んでいる場合引き渡しまでに引越をして、荷物を全て出して引き渡しをすることになっていますまれに引越し先が決まらず引き渡しに間に合わないとうケースなどもありますので注意が必要です。また、引き渡しまでにハウスクリーニングをする等約束があった場合には終わっているかを確認します。引き渡しでは設備の取扱説明書や鍵などを買主が受け取ります。

不動産売却に伴う税金について

鍵も引き渡し全てが完了!とお思いになる方が多いと思いますが、最後に発生する事項に「税金」の問題がります。税金に関しては不動産を売却して利益を得た場合、譲渡所得として所得税や住民税が課税されます。この税率については、物件を所有していた期間に合わせて変わってきますので注意が必要です。譲渡所得についての税金は、給与の所得とは分離され計算されるので分離課税と呼ばれています。なお、取得費用には所有期間の減価償却がなされていることも必要であり、譲渡する物件が居住用であれば譲渡の所得から特別控除を受けることもできます。物件を購入した額よりも安い金額でしか物件を売却することができなかった場合には、利益を得たとは言いませんので譲渡所得にはならず課税の対象にはなりませんのでご安心下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)